スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族に感謝。



明け方、左側のお腹(新ストーマの周り辺り)に、鈍いような腹痛がある。

モルヒネ追加で何度も入れてもらって、ロピオンも点滴してもらう。

今日も、抗生剤なんかの点滴がたくさんある。

お腹の左側のストーマの周囲が、若干張ってるような気がすると訴える。

検尿、採血をする。


お昼にCTを撮ってもらう。

あまりにも動けない私を見て、初めてベッドごと移動した。

CTの結果、まだ腸液が抜け切れてないところがあるから、痛みになってるんだと言われる。


熱は相変わらず高いし、お腹は激痛だし…マシなのは、吐き気が治まったことぐらい


午後から、父と母と妹が来てくれる。

突然、個室へ移動することになる。

私には聞かされてなかったけど、痛みが続いて弱ってきてるから、母がしばらく付き添うと言われた。

それから大移動。

何もしてないのに、バタバタしただけで、疲れてしまった。


モルヒネを連続追加して、ロピオンも入れてもらったからか、いまのところ酷い痛みはない。

家族に申し訳ないけど…
とにかく感謝感謝です。

今夜は母と寝ます。
痛みがきませんように。


スポンサーサイト

12月14日



1日日記をつけれないと、記憶がすっかり飛んでしまってる。

モルヒネのせいかな?

午後から、パウチ交換する。

怠さがひどいから、看護師さんに丸投げしてしまった。
3人がかりの大騒動になる。

荒れてたりするのも、いろいろと考えて貼ってくれた。

ありがとうございますm(__)m


突然寒気がして、熱がどんどん上がりだした。

採血をして、熱の原因は腸液が溜まってるとこに、ばい菌が繁殖したからだろうと言われる。

早速、抗生剤やロピオンを点滴してもらう。

尿量が少ないから、水分の点滴も増やしてもらった。


熱はなかなか下がらず、39度台にもなってしまう。

今度は熱で怠くてしんどい。

痛みも強いから、モルヒネも追加で入れてもらう。


これじゃ毎日体力奪われるわ。


緩和ケア。



夜中、痛みが強くて何度もモルヒネ入れてもらう。

ロピオンも点滴して、うとうとする。


朝から気分が悪い。

息苦しくて脈拍が多いから、脱水の症状だ。

N先生が来てくれて、点滴増やしてくれる。


検尿があったからトイレに行くけど、なんだかスッキリ出ないし、血も混じってるみたい。

採血もする。


臨床心理士のIさんが来てくれるけど、しんどすぎてぼんやりしながら話す。


昼食、メロン少しだけかじる。

今日も、ちょっと動いたりするだけで、吐き気&吐いてしまう。


14時前に、母と妹が来てくれる。

3人で、緩和ケアの診察を受ける。

緩和ケアのO先生にも、とにかくいま痛いのを取り除こうと言われる。

パッチにしてた痛み止めは、もう一度モルヒネの点滴に変えることになる。

そして吐き気止めは、私の副作用が出ないものを出してくれることになった。

「もっと早くに、緩和ケアの先生に相談しとけばよかったんやない?」と母が言った


ローソンで、桃のアイスを買ってきてもらう。

本当はレモンのシャーベットが欲しかったけど、なかったらしい。

桃のアイスを少しだけ食べる。美味しかった。


パッチを剥がして、モルヒネをスタートさせる。

相変わらず痛みが強くて、何度も追加で入れてもらう。

すっごくしんどい。

でも、母が背中をさすってくれたりしたから、気持ち的には楽だった。


夕方N先生が、注射器で管の中を抜きに来てくれる。

そしたら、500mlぐらい抜けた。

その後、しばらく痛みが楽になった。


でも夜中になると、また激痛がやってくる…。

もう勘弁…。

この日記も、何書いてるのかよくわからんなってきた。


いつまで続くのか…。



痛みが強いから、モルヒネとロピオンで対応する。

でも、いまいち治まらない。

朝になると、身体の怠さが強くてしんどい。

熟睡できてない。


父と母と妹が来てくれる。

4人でN先生のお話を聞く。

内容は昨日とほぼ同じだったけど、いま現在痛みが強いことが問題だから、緩和ケアの先生に相談してくれる。

N先生はパッチにプラスして、モルヒネを少量入れることを考えていたけど、緩和ケアの先生にはブスコパンを点滴に入れて、腸の動きを抑えることを提案された。

早速、ブスコパンが追加になった。

昨日と同様、話の内容は良くないことだけど、とにかくやれる限りは前向きに、治療を続けようということになった。


痛みと吐き気はずっと続いて、体力を消耗する。

腸液がたくさん出てるし吐いてるから、500mlの点滴が追加になる。


しんどいけど家族と一緒にいられることで、精神的に楽に過ごせた。

本当は、こんな弱った姿見せたくないけど、もう一人では抱えきれなくなってきたみたい。

「助けて…助けて…」と独り言を言ってる自分に気付いて、ヤバイなぁと思う。


夜までずっとしんどかったけど、モルヒネを何回も入れて、とどめにロピオンを点滴してもらったら、痛みの少ない時間が続いてる。

だけど眠い。
眠くて堪らない。

睡眠不足からか、それともモルヒネのせいなのかはわからんけど…。



☆whitekiteさん、コメントありがとうございます。
今日はお返事できそうにありません。眠気の少ないときに、ゆっくり書かせてもらいますね。
すみませんm(__)m☆


12月11日



夜中に痛みが強くなって、外さないでいたモルヒネを何度も入れてもらう。

吐き気も強くて、何度も吐く。

今日もしんどくて、しんどくて堪らない。

痛み止めのパッチを貼り替える。


N先生が出張から帰って来て、今の状況やこれからどうするか、お話をしてくれる。

吐き気は、サンドスタチンを減らしたことによるものかもしれないから、また増やすことになった。

痛みの原因は、腸液の抜けきれないところがあって、そこからきてるんじゃないか?
その痛みをどうすれば楽にすることができるのか、外科や緩和ケアの先生たちとも相談することになった。

ベクティビックスはこのままなんとか続けて、効果がみられる時期まで頑張りたいということ。

ベクティビックスで効果がみられない場合は、緩和ケアの先生にかかって、痛みをコントロールしていく。

そんな感じの内容でした。


とうとう治療にも限界が見えてきたということみたい。


モルヒネを何度も入れて、ロピオンを点滴してもらって、なんとか痛みを抑えれた。

その間に、シャンプーしてもらう。


午後から、母と妹が来てくれる。

話しをしたり、痛みがきたときに背中をさすってもらったりして、気分が落ち着く。

N先生から聞いた話を大まかに話したけど、明日家族にも同じ話をしてくれることになった。


痛みの強くないタイミングで、パウチ交換する。

途中まで自分でしてたけど、しんどくなって看護師さんにお願いする。

旧ストーマも新ストーマも、荒れが見られる。

パウダーふったりしたけど、もしかすると体調の悪さが影響してるのかもしれない。

終わったら…疲れた。


痛みと吐き気は、一日中続いた。

尿は少しまともなのが出たかと思ったら、また血尿?と血のかたまりが少し出た。

しんどくて堪らない。


プロフィール

れいんぼぅれいん

Author:れいんぼぅれいん
28歳にして、潰瘍性大腸炎から大腸がんになってしまいました。
これからどう生きていくのか?
迷いばかりの毎日です。
望むのは、ただ穏やかで平凡な日々を送ることなのに…。
5年後のワタシは、この世界に生きているのかな!?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。