スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のワタシの状況です。

2ヶ月以上も更新していませんでした。

のぞいて下さっていた方、申し訳ありません。


4月13日のCTから、日を追うごとに、腹痛が酷くなり、どんどん元気がなくなっていました。

その後、5月12日に、再度CT検査。

やっぱり、モヤモヤとした影が見られ、ストーマ出口付近が腫れて細くなっていました。

腹痛があるのは、そのせいだということは分かったのですが、これがガンによるものなのか、抗がん剤による炎症なのか・・・。

判断がつかないということで、内視鏡検査をすることになりました。

それからも、毎日毎日、痛みと闘う日々。

10年以上、潰瘍性大腸炎で苦しんでいたので、痛みには慣れてるつもりが・・・。
大腸全摘して、すごく楽になれていたから、正直しんどい。。

6月9日、母と妹に付き添ってもらい、内視鏡検査受けました。

久々に、2Lの下剤飲まされて・・・。
といっても、途中で気分が悪くなって、500ml程しか飲めませんでした。(ずっと腹痛で、食事がほとんど取れてなかったから、ちょっとしか飲めなくても、検査可能なくらいになった。)

ストーマから内視鏡入れるの、初体験でした。

痛み止めの注射で、頭がボーっとしながらも、画面見ながら、「ひょえ~っ!」って感じでした。

やはり、ストーマから入って少しのところで、細くなってて、それ以上入らず、そこの組織を採って、検査してもらうことに。

その後も、CTを撮り、2ヶ月前との比較などして、出た結果は、

「ガンの悪化ではなく、やはり小腸の炎症であろう。」ということでした。

この2ヶ月もの間で、絶望も、苛立ちも、覚悟も・・・。
十分すぎるほど、してきたので、ホッとしたというよりも、驚きました。

だって、すごく痛みも強かったし。

このまま、どんどん弱っていくんだと思ってた。

「術後、半年以内に再発するでしょう。」って断言されてたし。

ワタシなんて、生きる価値無いんだって、思い知らされてたから。。。

でも、まだ生きてる。

痛みもあるけど、生きてる。

ちゃんとしなきゃ。

もっと、ちゃんと。


これからは、なるべく更新します。

今日は、とりあえずこのへんで。

また、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

プロフィール

れいんぼぅれいん

Author:れいんぼぅれいん
28歳にして、潰瘍性大腸炎から大腸がんになってしまいました。
これからどう生きていくのか?
迷いばかりの毎日です。
望むのは、ただ穏やかで平凡な日々を送ることなのに…。
5年後のワタシは、この世界に生きているのかな!?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。