スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩和ケア。



夜中、痛みが強くて何度もモルヒネ入れてもらう。

ロピオンも点滴して、うとうとする。


朝から気分が悪い。

息苦しくて脈拍が多いから、脱水の症状だ。

N先生が来てくれて、点滴増やしてくれる。


検尿があったからトイレに行くけど、なんだかスッキリ出ないし、血も混じってるみたい。

採血もする。


臨床心理士のIさんが来てくれるけど、しんどすぎてぼんやりしながら話す。


昼食、メロン少しだけかじる。

今日も、ちょっと動いたりするだけで、吐き気&吐いてしまう。


14時前に、母と妹が来てくれる。

3人で、緩和ケアの診察を受ける。

緩和ケアのO先生にも、とにかくいま痛いのを取り除こうと言われる。

パッチにしてた痛み止めは、もう一度モルヒネの点滴に変えることになる。

そして吐き気止めは、私の副作用が出ないものを出してくれることになった。

「もっと早くに、緩和ケアの先生に相談しとけばよかったんやない?」と母が言った


ローソンで、桃のアイスを買ってきてもらう。

本当はレモンのシャーベットが欲しかったけど、なかったらしい。

桃のアイスを少しだけ食べる。美味しかった。


パッチを剥がして、モルヒネをスタートさせる。

相変わらず痛みが強くて、何度も追加で入れてもらう。

すっごくしんどい。

でも、母が背中をさすってくれたりしたから、気持ち的には楽だった。


夕方N先生が、注射器で管の中を抜きに来てくれる。

そしたら、500mlぐらい抜けた。

その後、しばらく痛みが楽になった。


でも夜中になると、また激痛がやってくる…。

もう勘弁…。

この日記も、何書いてるのかよくわからんなってきた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://iloverainrain.blog51.fc2.com/tb.php/165-9e48c317

プロフィール

れいんぼぅれいん

Author:れいんぼぅれいん
28歳にして、潰瘍性大腸炎から大腸がんになってしまいました。
これからどう生きていくのか?
迷いばかりの毎日です。
望むのは、ただ穏やかで平凡な日々を送ることなのに…。
5年後のワタシは、この世界に生きているのかな!?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。